協会加入のご案内について

飲食に起因する危害の発生を防止し、公衆衛生の向上および増進に寄与する目的をもって、昭和22年(1947年)、食品衛生法が制定されました。この法律の趣旨にそってあらゆる業態の食品事業差y行政に協力し、自主衛生管理を実施することを目的として、食品事業者で組織昭和23年(1948年)11月1日に社団法人日本食品衛生協会が設立されました。

設立以来、当協会は地区食品衛生協会を通じ、食品等事業者に対する食品衛生の向上や自主管理体制の確立のための食品衛生指導員活動、食品営業賠償共済の推進、各種食品衛生に係わる講習会の開催、従事者検便、食品の自主検査や消費者に対する情報提供等、各種公益目的事業等を実施しています。

なお、平成25年(2013年)4月1日には公益社団法人として認定を受け、あらたにスタートしております

 新潟県食品衛生協会は、県内で食品営業を行っている事業者の皆さまで組織された団体でとして、自らが行う
食品衛生管理の徹底に向けた指導員活動等を通じ、食中毒など食品に係わる事故の発生を未然に防止することを目的とした団体です。

協会案内パンフレットこちらから


ご入会の申込み


食品事業者の皆さまの使命は、消費者に安全・安心で衛生的な食品を提供することにあります。

食品営業者の皆さまの使命は、消費者に安全・安心で衛生的な食品を提供することにあります。このように食品営業者の社会的責任の重要性を考え、食品衛生協会は、食品営業者の皆さまの加入による会員団体として、営業者自らが行う食品衛生管理の徹底に向けた指導員活動等を通じた指導・助言、食中毒や食品に係わる事故発生の未然防止等、食品衛生の確保を図るととともに、食品業界が消費者の皆さまから信頼されるよう各種の
食中毒等の事故発生を未然に防止しするとともに、食品業界が 消費者の皆さまから信頼されるように各種の食品衛生推進事業を展開しています。
 
県内で食品を取り扱う営業者の方であれば、どなたでも食品衛生協会に加入し、会員になることができます。